時代の流れに寄り添うエリアリンク

一見華やかなイメージの強い不動産業界ですが、実際には景気の波を受けやすいため、内情は厳しいというところも少なくありません。しかし、お金の流れがしっかりと出来ている会社でしたら不安もありません。事業内容が業績と結び付く企業にはどのようなところがあるのでしょうか。

■主要事業について
安定した経営と特出した成長率を見せているエリアリンク。このような業績を可能にしているのがストレージ事業です。ストックビジネスの根幹を担う存在として業務のメインを務めているこのストレージ事業とはレンタルスペースの運営のことを指しており、国内ではトップシェアを獲得しています。利用者は45,000人近いとも言われており、中期的な目標としてはシェアの半分を占めることも目指しているのです。

このストレージ事業は「ハローストレージ」と呼ばれ、イメージキャラクターとしてハローキティを採用しています。このことからストレージ事業と聞いてもあまりピンと来ない層にも、その存在を響かせることに成功しています。また、使いたいときにすぐ使える手軽さや、何かトラブルが起きても迅速に解決してくれるスピード感が魅力だと言われているのです。

■ストックビジネスと不動産業について
エリアリンクが力を注いでいる事業の中には貸会議室事業があります。これは、近年の大型ビル出店の波に押されて空室率が増加してしまった中小ビルの中に貸会議室サービスを設けるというもので、こちらはストックビジネスをさらに強化させるような安定したキャッシュフローが魅力だと言われています。

さらに、不動産業も力を抜いているわけではありません。エリアリンクは不動産保有の厳格な基準をしっかりと定めているため高い収益率をキープしています。また、赤字物件を保有することによるコストが少ないので、経営が安定するのです。景気の波を読んでいるため、不動産を売買することによって収益をあげることも得意としています。買いどきと売りどきをしっかり見極めることによって、業績を安定させているのです。

■時代に合わせて成長をする企業
エリアリンクはストレージ企業で安定と高い成長を両立している起業です。レンタルスペースの運営を行う企業としてはトップシェアを誇るため、中期目標もシェア50%という高い数字を掲げているのです。このストレージ事業は「ハローストレージ」と呼ばれており、対応の迅速さや使いたいときに使える利便性などが売りとなっています。

また、エリアリンクが行なっている貸し会議室事業は空室が目立つようになった中小ビルを用いて運営されており、このように、時代の流れを読んだストックビジネスにおいて、より強固なキャッシュフローを実現しようとしてます。また、不動産業者としても一流の腕を持っているため、赤字物件を持つことがありません。これは審査基準が的確であることが由来しています。また、景気に応じて不動産の売買をきちんと行なっていることで、売買のサイクルが出来ているのです。

エリアリンク—土地付きストレージの出口戦略を転換